投稿post

整体甲子園purāṇa > 未分類 > 腸活と自律神経

腸活と自律神経

2021/08/23

 

こんにちはプラーナです。

今日は腸と自律神経のバランスについてです。

腸は自律神経と密接に関わっていることはご存じの方も多いと思います。

自律神経には、活動時に優位になる「交感神経」と、休息時に優位になる「副交感神経」があり、
腸は、「副交感神経」が優位になったときに活発に動きます。

「副交感神経」が優位になって消化機能が促進されると、腸の働きが良くなり、
脳が不安を感じることはありません。

一方で、「交感神経」が優位になって腸の働きが悪くなると脳が不安を感じ、
さらなるストレスを生んでしまいます。

また最近では「腸は第二の脳」といわれ腸内フローラの状態が脳に影響を与えていることも
分かってきました。

朝日を浴びてセロトニンを補う、コップ一杯の白湯を飲む、 深呼吸をする、
リラックスする時間を作る 心から笑う サプリメントや酵素や乳酸菌で整える、
手首足首首周りを温めるなどの温活もとても重要になってきます。

自分の内側に意識を向けて腸の声をききましょう。

当院では整体、鍼灸 漢方 エステ リンパマッサージ ホットスト―ンなど、状態に合わせて施術させて頂いております。      お気軽にご相談くださいませ。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

半夏厚朴湯...

こんにちは。プラーナの辻川です。   今日は「半夏厚朴湯」(ハンゲコウボクトウ)という漢方を紹介いた...